コーランネオを使って、落ち葉から腐葉土を作ってみよう

家庭菜園

落ち葉や雑草など今まではゴミ袋に入れて、燃えるゴミとして出していました。これをなんとか活用できないかと考え、たどり着いたのが腐葉土作りです。落ち葉を集めて土に埋めたらよさそうな気がしますが、より早くいい腐葉土を作るにはどうしたらいいのか?

それを実験するため農業の知識ゼロの素人が勉強のため、記録をつけていきたいと思います。

コーランネオとは?

コーランネオとは、インスタント堆肥の素だそうです。腐葉土、堆肥、発酵肥料など作りに利用するみたいです。

ホームセンターやアマゾンで購入できるようで、サカタのタネという園芸店で購入してみました。

一袋1kgで700円ちょっとだったと思います。ちなみにアマゾンでは、1300円ちょっとでした。

パッケージは、このような感じです。

必要なもの

落ち葉などの他に、米ぬか、鶏糞などがあるといいみたいです。

配分は、落ち葉など使用材料200Lに対して、コーランネオ400g、米ぬか2kg、鶏糞4kgだそうです。落ち葉200Lってどれぐらいでしょうか?

おそらく、45Lのゴミ袋が4つ分ぐらいかと思います。

では、早速腐葉土を作ってみたいと思います。

米ぬかは、コイン精米所で無料頂きました。

落ち葉や雑草を加え、鶏糞もミックスしてみました。

それが、こちら。

最後に水をかけて、シートを被せます。2週間ぐらい経過した10月の初旬に様子を確認したいと思います。

落ち葉編

12月に入り、急に大量の落ち葉を処理する必要に迫られたの、腐葉土を畑の空きスペースに作ってみました。

まずは、少し穴を掘って、落ち葉を投入してみます。

そこに、コーランネオをパラパラとふりかけ、水をまき、足で落ち葉を踏んでいきます。

2、3分踏んだら、量が半分ぐらいに小さくなります。

最後に、掘った際にどけた土を被せておしまいです。

これで、春には腐葉土ができるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました